様々な手術において、臓器や血管を結んだ糸が、体内で異物反応を起こし、炎症や肉芽腫(しこり)が発生することがあります。
ダックスフンドやチワワ、プードルなどで多く発生します。

フッターイメージ

従来なら、この部分は結紮糸で結んで処置しますが、このシステムを使い、上の器具で挟んで凝固させると、糸で結ばなくても、下の写真のようにシールされてしまいます。

あとは、この部分を切り取るだけですので、体内に糸を残しません。